子供イベント写真

4/3(土)、4(日)に大阪・長居公園周辺でワークショップを開催します。詳細はこちらのチラシ(PDFファイル)をご覧ください。
※ 詳細・最新の活動はこちら (活動紹介 FaceBookページ)をご覧ください
※ 「てこぽこさんとはくぶつかん」のパンフレット (A4 PDFファイル 1.2MB) をダウンロードできます。両面印刷・三つ折りでご利用ください

イラストカット

「てこぽこさん」とは

活動のきっかけと目的

tekopoko01_200.png

「てこぽこさんとはくぶつかん」は、大阪市立自然史博物館で活動する標本作成サークル「なにわホネホネ団」の有志で立ち上られたプロジェクトです。

ホネホネ団には生きもの好きの大人たち、子どもたちが集まり、毎月標本づくりのお手伝いをしています。生きものを間近で観察し、触れ、ホネをクリーニングしながら、大好きな生きものの話を思いっきり楽しむ。そんな活動の中で、博物館は自分の興味関心に集中しやすい発達障がいの子どもたちにとって、理想的な環境なのではないかと感じる場面がたくさんありました。

しかし、身体と違って外から見えにくい内部障がいの子どもたちを受け止められる状況が博物館にはまだ少なく、子どもたちにとって安心して訪れられる環境になっていないのでは?という課題に気づき、まずは自分たちのサークルから、勉強会や博物館外の支援団体との交流を通じて、障がいとはどんなものなのか学び、親しみ、理解を深め、当事者とのやりとりやサポートができるメンバーを育てることからはじめようと考えました。

私たちは、博物館が様々な子どもたちにとっての第3の居場所/活躍場所になることをめざし、本人支援・教材開発・関係者への普及啓発を進めていきます。

てこぽこさんとはくぶつかん 四つの活動

1. ワークショップ ー博物館を届ける教材の開発ー

イラストカット児童施設などで、アウトリーチ型の子どもワークショップを実施し、「博物館的なもの」に関心を持つ地域の「子どもたち・大人たち」とのつながりをつくります。
ワークショップの実施にあたっては、化石やホネなど、実際の資料を生かした博物館らしいテーマをご相談させていただきます。聴覚過敏など個別対応が必要な場合もご相談ください。

2. 勉強会・研修会 ー障がいを知る・学ぶー

イラストカット各専門機関から講師を招いて、障がい全般や、発達障がいについて学ぶ機会を作ります。博物館職員から学芸員さん、警備員さん、案内員さん、清掃員さんなどさまざまな「博物館関係者」が参加できる機会にします。

3. 博物館の見学会 ー他の施設の取り組みを知るー

イラストカット障がいを持った子ども達への取り組みをしているほかの施設や博物館の事例から学ぶための見学会や、意見交換を行います。

4. 広報資料の作成 ーわかりやすいチラシを作るー

イラストカット勉強会の案内や、子どもワークショップの募集などのチラシを、普段は自然史博物館に来ない層にも手にとってもらうため、地域の障がい者専門機関や、団体を通じて配布します。博物館への入り口になるような、やさしく分かりやすいデザインを心がけます。

なぜ博物館で活動するの?

日本博物館協会は、2012年7月、ICOM (アイコム 国際博物館会議) の「ICOM 職業倫理規程」の理念を反映した「博物館関係者の行動規範」を定めました。その中で「博物館関係者」とは、館職員や学芸員だけではなく、私たちのような市民ボランティアも含めた、広く博物館に関わる人たちであると位置づけています。

行動規範は10あります。その中の
【7 展示・普及教育】では
「博物館に携わる者は、博物館が蓄積した資料や情報を人類共有の財産として、展示や普及活動など様々な機会を捉えて、広く人々と分かち合い、新たな価値の創造に努める」
【9 発信・連携】では
「博物館に携わる者は、人々や地域社会に働きかけ、他の機関等と対話・連携して、博物館の総合力を高める」
としています。

私たち「てこぽこさんとはくぶつかん」は、この二つの行動規範を柱に、博物館とまだつながれていない子どもたちや関係者との関わりを育てることを通して、博物館の力を高めたいと考えています。

イラストカット

事務局・連絡先

〒546-0034
大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館 なにわホネホネ団内
(和田岳学芸員・西澤・竹村)
メール: museum.tsunagu@gmail.com
活動紹介FaceBookページ: https://www.facebook.com/tekopoko/

本プロジェクトは2020年度の「ドコモ市民活動団体助成事業」の助成を受けて実施されます。
リンク: 2020年度 ドコモ市民活動団体助成事業 概要
リンク: 2020年度 ドコモ市民活動団体助成事業 助成先団体

子ども活動画像
docomoMCFlogo.jpg


「てこぽこさん」って?

 発達障がいは、秀でたところとできないところが凸凹していると表現されます。それをもうすこし可愛くして、「てこぽこさんとはくぶつかん」としました。

tekopoko09.png